ツインシート

Packlineは現在、プラスチックとガラス繊維を使用したルーフボックスを提供している唯一のメーカーです。NXシリーズの発売に伴い、ツインシートという新たなオプションを追加して、さらに幅を広げました。Packlineは、世界で初めてこのサイズのツインシート製品を提供します。これにより、NXシリーズはユニークなルーフボックスだけでなく、完全に独自なコンセプトになりました。

ツインシートは、2つのプラスチックディスクを1つのユニットに真空成形して溶接する高度な技術を使用した新しい生産方法です。これは、素材が非常に強度であることを意味し、多くの素材を使用する必要がありません。

利点

  1. ・より安定し安全なルーフボックスを提供します。
  2. ・従来のプラスチックと比較し、同じ品質を達成するために必要な素材の量が非常に軽量になり、強度な構造になっています。
  3. ・材料の安定性から、プロファイル・エッジなどを考慮する必要なくボックスの設計が可能になりました。NXシリーズのボックスには独自デザインが施されています。
  4. ・最新技術の機械とツールの両方から、優れた表面を得ることができます。プロセスは非常に温和で、ボックス上部は車の塗料ほど滑らかです。
  5. ・ツインシートから得られる安定性と強度により、ボックスは従来のルーフボックスよりも更に安全になります。ルーフボックスを「セーフノーズ」システムで補強した場合、衝突が発生した場合に貨物がボックスから出てくる危険性が大幅に軽減されます。

ツインシートとは

ツインシートは独自の製造方法により、非常に強固な安全構造で、新しい独特のデザインを可能にしています。新世代空気力学的ルーフボックスが誕生しました。ツインシートは沸点に近い温度で2枚のプラスチックシートを溶かすために、先進技術が使用されています。高圧真空成形によって、外面と内面が同時に形成されます。その後すぐに、2つのパーツは完全な1つのユニットに形成されます。この高度なプロセスは、外部の形に影響を及ぼすことなく内部的に補強プロファイルと取り付けシステムを集積することを考慮に入れます。これを通して、PACKLINE最新モデルのルーフボックスは、外側に見えるネジとリベットなしに製造することができます。ツインシート技術は、優れたねじり剛性により、きれいなラインでルーフボックスを開発でき、新しいデザインの可能性を秘めています。さらに、ツインシート技術で製造されたPACKLINEルーフボックスには、セーフノーズが装備されています。これにより、衝突の際に荷物がルーフボックスから出るリスクが大幅に軽減されます。PACKLINEの「セーフノーズ」システムは、フロントの内側の底部と上部を覆い、ルーフボックスを閉じたときに重なり合う2つの補強材で構成されています。追加のフックは、両方の補強材をしっかりと接続し、ルーフボックスを確実に保持します。